映像翻訳を依頼される時によく聞かれる質問です。ここでは映画ではなく、企業映像での利用を前提にお話します。

日本語は外国語に比べると主語や目的語を省いても通じることから、文字数としては少なめな言語です。
言い換えると、海外の映画を日本で上映する時に、吹き替えに比べ、圧倒的に字幕対応が多いですが、これは日本語の特長を活かしています。
一方英語は文字数が多めです。

企業映像は映画の字幕のように翻訳サイドで勝手に原稿をカットしたり、変更することはありません。かなりきっちり翻訳しますので、結果文字は多めになります。使用する場所にもよりますが、モニター下部の文字を読んで終わってしまうとなると、せっかくの映像が見てもらえません。

ということで、ナレーションの方が有効ではと、ご提案しています。
(スペイン語、ポルトガル語に翻訳する場合は、英語より長くなりますので、こちらは強くナレーションをおすすめしています。)

また、使用する場所で、音を出せない場合はもちろん字幕がいいでしょう。展示会では、両方を用意するのがベストでしょう。映像に焼き付けるタイプの字幕でなく、FBやYoutubeで使われるSRTファイルのように字幕ファイルを映像に流し込むソフトタイプの字幕を使って柔軟に対応しやすくなりました。

お手元にある日本語の動画を字幕の英語版にしたい方は、A&Kの字幕トライアル企画をぜひご利用下さい

では、商談などのビジネスの場で使用するのはどちらがいいと思いますか?

これはナレーションだそうです。字幕だと会話が止まってしまうそうです。自社の歴史や商品を映像で流すと、話題がはずんだり、違うアプローチから思わず商談が進むことがあるそうです。