This is Japan Quality 多言語展開へ

米菓の映像

2014-2015年に渡って作られた日本のお米を海外へ発信する映像に、新しく4言語が加わりました。
前回は英語と中国語。
今回はヨーロッパ圏に進出だそうです。スペイン語(ヨーロッパの)、ロシア語、ブラジルポルトガル語、フランス語の4カ国出身のナレーターをブッキングしました。
数年経っても映像も迫力があり、音楽もとても素敵な映像です。(やはりプロデューサーは音楽プロデューサーでもありました)

おいしいごはんの炊き方、おかきとお煎餅の違い、お酒の作り方、と日本語と比較しながら外国語も両方勉強できるお得な映像となっています(笑)。

本番には翻訳者さんも加わり、厳しい字幕チェックも行われました。いつも一人で進行から英語チェックを行っているので、外国語スタッフが複数いるとなんだか楽しい。

あまりに美味しそうな映像で、仕事明け帰宅後は速攻ご飯を炊きました!おいしかった。個人的には「あきたこまちが」好きな米喰です。

client: JRE全米輸

Thank you!
voice: Spanish: Alberto from Okinawa, Russia: Denys, Portuguese: Renato, French: Simon

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email
0:00
0:00