防衛大学校 広報映像

タイトル:高い志で未来を見つめる防衛大学校 (Looking to the future with high aspirations) 日本の自衛隊の幹部を養成する大学「防衛大学」の大学紹介映像の英語翻訳とナレーションの制作。 登場する学生達の姿勢の良さ、キビキビと動く姿が美しい映像です。全寮制での生活、カリキュラム、部活動、年間行事、将来への準備、海外留学から先輩自衛官のコメントまでを網羅した充実の内容です。 ナレーション:StuartO

Ginza Wako Renewal

Wako Renewal Video

銀座・和光リニューアル告知動画 格調高いナレーションでリニューアルのディティールを紹介する動画。 体言止めのシナリオは難しいにもかかわらず、現場で微妙な違いを表現できるナレーターのMC竜平さんに脱帽。かっこいい大人なナレーションをお聴きください。 client:銀座・和光 voice: MC 竜平 (日本語)

オリンピック・パラリンピックがやってくる!

「オリンピック・パラリンピックがやってくる!すべての人が誰一人取り残されることなく尊重される都市・東京」映像の字幕翻訳を担当しました。日本語の字幕と併記される字幕翻訳は初めてでしたが、字幕の分量が偏ったりしないよう調整する作業が、なかなか難しいものでした。 【課題】日本人の名前の表記について 翻訳の際に考えることが最近よくあります。現在日本人の名前をローマ字で表記する際、これまでの欧米式とは逆の、日本語表記と同じ 姓→名の順番にしていくという日本政府の方針が打ち出されています。 英語圏の方には馴染みのない日本人の名前ですから、翻訳の際は、欧米式にしたいところですが、東京都のYouTubeチャンネルに登録されるものなので結局 姓→名の順番になりました。https://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/sisaku/joho/joho/kakuki/22/tosin04/17.html 姓→名の順の場合、姓をすべて大文字とする、姓と名の間にコンマを打つなどの記法が使われつつありますが、どれが定着するのかまだまだ試行錯誤、案件一つずつに対応していくのでしょうね。

whack a waka (百人一首の英語版)

英語版百人一首かるた 「WHACK A WAKA 百人イングリシュ」の歌詠み(英語ナレーター)この夏とても話題になった、日本好きな外国人へのおみやげにぴったりな百人一首かるたです。 平安時代の雅な空気がすぐそこに匂うような、カラフルなイラスト、手触りの良い箱の質感など、どこから見ても、小さな芸術の宝箱のようです!翻訳を担当したピーター・マクミランさん自身による歌詠みと、当社がブッキングしたイギリス人女性ナレーターのリンさんの2タイプの声をお聴き頂けます。リンさんは歌手や自身も英語と日本語両方を使う作詞家としても活躍しており、その特徴的な知的な響きのある上質な声で、詠み上げています。失恋の歌や、土地を離れる寂しさの歌には、スタジオでもぐっとくるものがありました。 ダウンロードして遊べます。http://www.diablock.co.jp/whackawaka/ 1. 日本の歌心をあますところなく伝える英訳百人一首の翻訳「One Hundred Poets, One Poem Each」を完成させたピーター・マクミランが、このカルタのために新たな英訳を制作しました。日本の歌心に精通した訳者の新訳により、元の歌がもっているリズムの美しさや世界観が伝わりやすくなっています。 2. 歌を知らない外国人にとっても遊びやすい今回の英語版カルタでは、取り札と読み札に札にその歌の世界間を表現した絵を入れることによって、歌を暗記していない外国人にとっても遊びやすい工夫がされています。「絵合わせ」の要素をいれることで歌を暗記しなくても絵をヒントに札をとることができ、まったく日本の文化を知らない人でも歌の世界に親しむ事が出来ます。札に描いてある絵は画家の横井山泰氏の手によるものです。また、サイズをトランプサイズにすることで、より外国人にとって遊びやすく、親しみのあるデザインとなっています。 3. 日本人にもカルタの新しい楽しみ方をマクミランの英訳では、英訳を読むほうが日本語で読むより歌の内容を理解する事ができたという日本人の方の感想を多く頂いています。日本人にとっては、この英語カルタを通じて新たに百人一首の魅力を発見できます。また、英訳で使われている英語は、日本の中学、高校で習う英単語だけで読む事ができますので、学校での英語の学習教材として利用することも可能です。裏面には日本語の表記もありますので、日本語のカルタとして遊ぶ事も出来ます。

N-24 (Flute & Steel Pan Duo)

一歩上を行く上質なステージパフォーマンス、スティールパンとフルートのデュオのご紹介です

N-24 (Flute & Steel Pan Duo)

一歩上を行く上質なステージパフォーマンス、スティールパンとフルートのデュオのご紹介です

This is Japan Quality 多言語展開へ

米菓の映像

2014-2015年に渡って作られた日本のお米を海外へ発信する映像に、新しく4言語が加わりました。前回は英語と中国語。今回はヨーロッパ圏に進出だそうです。スペイン語(ヨーロッパの)、ロシア語、ブラジルポルトガル語、フランス語の4カ国出身のナレーターをブッキングしました。数年経っても映像も迫力があり、音楽もとても素敵な映像です。(やはりプロデューサーは音楽プロデューサーでもありました) おいしいごはんの炊き方、おかきとお煎餅の違い、お酒の作り方、と日本語と比較しながら外国語も両方勉強できるお得な映像となっています(笑)。 本番には翻訳者さんも加わり、厳しい字幕チェックも行われました。いつも一人で進行から英語チェックを行っているので、外国語スタッフが複数いるとなんだか楽しい。 あまりに美味しそうな映像で、仕事明け帰宅後は速攻ご飯を炊きました!おいしかった。個人的には「あきたこまちが」好きな米喰です。 client: JRE全米輸 Thank you! voice: Spanish: Alberto from Okinawa, Russia: Denys, Portuguese: Renato, French: Simon Youtube channelになりました https://www.youtube.com/channel/UC8BeJL46Dm4tVYUKrcNEOFg/videos