8/5(日)江東区、豊洲シビックセンター5Fホールにて 「夏休みこども工房&体験教室」のイベントとして「英語のうたで世界とつながろう!」を開催しました。
「英語のうたで世界とつながろう!」はマイケル・ジャクソンの名曲「Heal the World (ヒール・ザ・ワールド)」をカナダ人のプロ歌手Laurier(ローリエ)さんと国内外のコンクールでたくさんの受賞歴のある花田さやかさんと一緒に練習する参加型の音楽ワークショップです。
通常4回を想定している練習を1回75分に凝縮した内容で行う、ということで、プログラムを大きく変更する必要がありました。当初1回でできるのか?、子どもたちが75分も集中できるのか?という大きな壁にぶち当たりましたが、さまざまなアイデアを出しながら一つずつクリアし、入念な準備をして臨みました。

当日は参加者が少なかったですが、その分ご両親にも参加して頂くことができたため、お子様たちはずっとリラックスして参加してくれたようです。今までの音楽系のワークショップでは、親が参加することで、子供の自主性が発揮されずに終わってしまうことがあったので、少し不安でしたが、さすが豊洲!意識高い系の噂通り、全くそういうことはありませんでした。中でも素晴らしい親子を紹介します。彼らはジェスチャーの練習をしているときに、「LOVE」のところで、必ずハグし合うのでした。見ているだけで胸が熱くなりました。

難しい曲だけど歌えるようになるのか、75分集中できるのかという不安についても、あっさりと否定されました。小学校低学年のお子様が多い中、この結果には驚きでしたが、楽しい仕掛けをすれば、それだけ言語頭脳が柔らかく、吸収力が高い能力は発揮されるということだと思う反面、いくら勉強しても英単語がなかなか覚えられない自分の頭の硬さを思い知るばかりでもあります。

参加したお母様たちとトークワークショップの後、ご両親とお話する機会に恵まれましたが、英語を勉強しても「使う機会が無いのが問題」というご意見が多く聞かれました。英語の歌は自分でいつでも歌うことができる最高の英語の練習になります。今日覚えた素晴らしいマイケルのフレーズをぜひ、歌い続けて忘れないよう願うばかりです。

耳で聴いて、♡で歌った英語の歌は生涯忘れない宝物になることでしょう。ご参加ありがとうございました。そして江東区文化財団の方、素晴らしい機会を頂きまして感謝致します。

英語のうたで世界とつながろう!の詳しい内容はこちら