Home » Blog » ウクライナ出身の歌姫、カテリーナ

ウクライナ出身の歌姫、カテリーナ

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email

本当にこんな事が起こっているのだろうか。毎日報告されるロシアのウクライナへの攻撃に心が痛みます。当サイトで以前ご紹介したことのあるウクライナ出身の歌姫、カテリーナさんの母国救援活動をこちらでもご紹介したいと思います。

以前テレビでも紹介されたキエフにお住まいの高齢のお母様が早く無事に来日できること、祖国の方々が少しでも早く、戦争から解放されて平和で温かな世の中が戻ってくることを陰ながら祈るばかりです。

ウクライナの民族楽器パンドゥーラは、どこか哀しみを帯びたノスタルジックな響きが特徴の伴奏楽器です。この響きが美しいハイトーンなカテリーナさんの歌声に寄り添い、心の奥に澄み切った世界が広がります。12世紀頃からある古楽器で、50-60本の弦で音域は5オクターブにも広がります。まずはこちらのAvemariaをご試聴ください。

ウクライナ支援のお願い

カテリーナさんのご紹介

カテリーナさんはウクライナのチェルノブイリ原発の近くの街、プリピャチの出身ですが、事故の記憶は、当時はまだ1歳だったので無いそうです。

日本には1996年にウクライナの民族音楽団「チェルボナ・カリーナ」のツアーで初来日し、2008年に活動拠点を東京に移すため再来日。
姉であるナターシャ・グジーとのデュエットをはじめ、ソロとしても東京・大阪・広島・北海道で国内ツアーを開催するなど、日本で活動する数少ないバンドゥリストの一人として、精力的な活動を行っています。

コンサートでは主に、ウクライナの伝統的な音楽や、アメイジング・グレイス、アヴェ・マリアなどのクラシック曲に加え、上を向いて歩こう、ふるさとといった日本の歌曲も交えながら演奏します。

流暢な日本語でバンドゥーラの説明も致します。
美しいウクライナの衣装にて

More Posts

Asakusa Cat

当サイトのメインビジュアルでもある「浅草田甫酉の町詣」。この版画に関する面白い動画をご紹介。この猫がどんな所で飼われているのか?を知る様々なヒントが散りばめられています。下ネタもあり。江戸のウィットをぜひ。

年末年始 休業のお知らせ

12月29日(水)~1月4日(火)は年末年始休業とさせていただきます。2022年が、みなさまにとって素晴らしい年になりますように。

大人の知性を刺激するトーク&ライブ、Story of Jazz

詩人寳玉義彦がナビゲーターをつとめ、気鋭の女性ジャズ・フルート奏者のMiyaが、ジャズの巨匠たちの作品に、独自の視点から斬り込む、トーク&ライブ 。毎回1人のジャズ巨匠を取り上げ、トークとフルートのソロ演奏で音楽と彼らが活躍した時代を深掘りします。

英語のうたで世界とつながろう!

マイケル・ジャクソンの名曲 “Heal the World” を英語で歌うおう!英語、歌、外国人とのコミュニケーション、盛り込みたい要素が全部入ったワークショップです。グローバルマインドを育むイベントです。

0:00
0:00