映像の字幕翻訳を担当しました。日本語の字幕と併記される字幕翻訳は初めてでしたが、字幕の分量が偏ったりしないよう調整する作業が、なかなか難しいものでした。

翻訳の際に日本人の名前の表記について考えることが最近よくあります。現在日本人の名前をローマ字で表記する際、これまでの欧米式とは逆の、日本語表記と同じ 姓→名の順番にしていくという日本政府の方針が打ち出されています。英語圏の方、ただでさえ彼らには馴染みのない日本人の名前ですから、翻訳の際は、欧米式にしたいところですが、東京都のYouTubeチャンネルに登録されるものなので結局 姓→名の順番になりました。

姓→名の順の場合、姓をすべて大文字とする、姓と名の間にコンマを打つなどの記法が使われつつありますが、どれが定着するのかまだまだ試行錯誤、案件一つずつに対応していくのでしょうね。