ナレーション

Category of article list

傘寿記念 デヴィ・スカルノ展 わたくしが歩んだ80年

展覧会のご紹介: 1940年、港区・西麻布で生まれ育ったデヴィ・スカルノ夫人。幼少期は太平洋戦争の中を生きぬき、定時制高校に通いながら15歳にして家族を支えるため仕事に精を出した日々。そして19歳という若さでインドネシアのスカルノ大統領と出会い、幸せの絶頂の中訪れた母と弟との突然の別れ。そこには、現在テレビに映るデヴィ夫人の姿からは想像もできない壮絶な過去がありました。 2020年はデヴィ夫人が80歳を迎える記念すべき年。本展はデヴィ夫人激動の80年に焦点をあてた初の大規模な展覧会です。社交界で優雅に着こなしたファッション、デヴィ夫人の感性で蒐集されたオブジェや絵画の数々(デヴィ・コレクション)、さらに趣味の絵画約20点も一堂に展観。若くして自らの人生を切り開き、築き上げていったその屈強な魂はどこから生まれてきたのか。本展ではデヴィ夫人のその全ての魅力を解き明かします。 展示会場のエントランス付近で流れるインスタレーション映像のナレーションを担当しました。主演はもちろんデヴィ夫人ですから、もう1篇のモノクロ映画のようです。ナレーターはジョシュさん。まさに声と映像の化学反応を見るようでした。 展覧会に行ってきました。中高年の女性で混雑しており、その上一つ一つの展示品が素晴らしいので、なかなか動かないぐらいです。特に見ごたえがあるのは美術品です。棟方志功、藤田嗣治、伊東深水やカシニョールまで、美術展のようなコレクション!こんな芸術に囲まれた生活ってすごい!そして彼女の「私にとって生きるは生活するではない、毎日を生き抜いている」というメッセージに刺激も受けてきました。

Whack a Waka (百人一首の英語版)

英語版百人一首かるた 「WHACK A WAKA 百人イングリシュ」の歌詠み(英語ナレーター) この夏とても話題になった、日本好きな外国人へのおみやげにぴったりな百人一首かるたです、平安時代の雅な空気が鼻先で匂うような、カラフルなイラスト、手触りの良い箱の質感など、どこから見ても、小さな芸術の宝箱のようです! 翻訳を担当したピーター・マクミランさん自身による歌詠みと、当社がブッキングしたイギリス人女性ナレーターのリンさんの2タイプの声をお聴き頂けます。リンさんは歌手や自身も作詞家(しかも日本語も!)としても活躍しており、その特徴的な知的な響きのある上質な声で、詠み上げています。失恋の歌や、土地を離れる寂しさの歌には、スタジオでもぐっとくるものがありました。 ダウンロードして遊べます。 http://www.diablock.co.jp/whackawaka/ 1. 日本の歌心をあますところなく伝える英訳 百人一首の翻訳「One Hundred Poets, One Poem Each」を完成させたピーター・マクミランが、このカルタのために新たな英訳を制作しました。日本の歌心に精通した訳者の新訳により、元の歌がもっているリズムの美しさや世界観が伝わりやすくなっています。 2. 歌を知らない外国人にとっても遊びやすい 今回の英語版カルタでは、取り札と読み札に札にその歌の世界間を表現した絵を入れることによって、歌を暗記していない外国人にとっても遊びやすい工夫がされています。「絵合わせ」の要素をいれることで歌を暗記しなくても絵をヒントに札をとることができ、まったく日本の文化を知らない人でも歌の世界に親しむ事が出来ます。札に描いてある絵は画家の横井山泰氏の手によるものです。また、サイズをトランプサイズにすることで、より外国人にとって遊びやすく、親しみのあるデザインとなっています。 3. 日本人にもカルタの新しい楽しみ方を マクミランの英訳では、英訳を読むほうが日本語で読むより歌の内容を理解する事ができたという日本人の方の感想を多く頂いています。日本人にとっては、この英語カルタを通じて新たに百人一首の魅力を発見できます。また、英訳で使われている英語は、日本の中学、高校で習う英単語だけで読む事ができますので、学校での英語の学習教材として利用することも可能です。裏面には日本語の表記もありますので、日本語のカルタとして遊ぶ事も出来ます。

新しい英語ナレーターのボイスサンプルを追加

新しく加わった英語のナレーターのボイスサンプルをアップしました。 最も多いオファーの、企業映像のナレーション前提で編集していますが、プロフェッショナルたちは実に多彩な声のパフォーマンスが可能ですので、その他にも聞いてみたいサンプルがありましたら、リクエストください。具体的なイメージがあれば、探しやすいです。 資料をリクエストする 追加したナレーター名: ケルヴィン、ブレンダン、アンドリュー、エマ、モカ (敬称略)

This is Japan Quality

2014-2015年に渡って作られた日本のお米を海外へ発信する映像に、新しく4言語が加わりました。 前回は英語と中国語。 今回はヨーロッパ圏に進出だそうです。スペイン語(ヨーロッパの)、ロシア語、ブラジルポルトガル語、フランス語の4カ国出身のナレーターをブッキングしました。 数年経っても映像も迫力があり、音楽もとても素敵な映像です。 おいしいごはんの炊き方、おかきとお煎餅の違い、お酒の作り方、と外国語も両方勉強できるお得な映像となっています(笑)。 Youtube チャンネルになりました。 https://www.youtube.com/channel/UC8BeJL46Dm4tVYUKrcNEOFg 本番には翻訳者さんも加わり、厳しい字幕チェックも行われました。いつも一人で進行から英語チェックを行っているので、外国語スタッフが複数いるとなんだか楽しい。 仕事明けは速攻、ご飯を炊きました!おいしかった。 client: JRE全米輸

欧州で初の「若冲―〈動植綵絵〉を中心に」展

数年前の東京の美術館で開催された若冲展は、閉館時間を過ぎてしまう 3時間超えの待ち時間で、数回トライするも結局入れずじまいでした。 2018年、パリ市立プティ・パレ美術館で開催される欧州で初の「若冲―〈動植綵絵〉を中心に」展のPVのフランス語ナレーションを担当しました。一度本物をじっくり見て、若冲だけに鳥肌になりたいものです。 欧州で初の「若冲―〈動植綵絵〉を中心に」展 盛況のうちに終了

犯罪・トラブルから身を守る術

警視庁 生活安全課 発信 来日した外国人観光客を犯罪から守るための啓蒙映像の翻訳4ヶ国語とナレーション。 防犯忍者という設定は主語や目的語がない日本語ならではのセリフが多く、尺がとても足らなくて大変だった。献身的に協力してくれた翻訳者さん、ボイスタレントさんたちに感謝しています。 英語 https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/joho/movie/seian/236/236_e.html 韓国語 https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/joho/movie/seian/236/236_k.html 中国語 https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/joho/movie/seian/236/236_ch.html スペイン語 https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/joho/movie/seian/236/236_s.html 日本人も一度見ておくと、自分の身を守るチップスが満載でおすすめです。 https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/joho/movie/seian/236/236_j.html

かっこいい土木-2:JR リニア工事

リニア新幹線、英語ではSCMaglevまたはSuperconducting Maglev。マグレブ (Maglev) とは英語の“magnetic levitation”(磁気浮上)を省略したものです。超速の原理は素人でもなんとなく理解しやすいイメージですが、今回はその「工事・工法」を海外に紹介する映像の英語版のナレーションを担当しました。特に、都会の中での大規模工事に関するメソッド(連壁やシールド工法)、現在稼働中の品川駅での新幹線の地下に建設中の駅など、興味深い内容満載です。 慎重に計画されて、実行される工事の信頼感を表現するため、アメリカ人ナレーターのRyanさんをキャスティングしました。その他、映像尺あわせ用のAIボイスによる仮ナレ作りも担当しました。 わかりやすいイラストでの説明映像です。 JRのサイトはこちら https://scmaglev.jr-central-global.com/status/urban/ https://scmaglev.jr-central-global.com/status/mountain/ https://scmaglev.jr-central-global.com/status/stations/ https://scmaglev.jr-central-global.com/about/system/ 日本語版はこちらhttp://linear-chuo-shinkansen.jr-central.co.jp/ もっと詳しく土木工事のことを知りたい方におすすめ(これを読むとよりわかりやすいです。)

夢のような!Honda Walking Assist Device

HONDAの二足歩行ロボットasimo のテクノロジーを活用して夢のようなデバイスが誕生しています。 リハビリに大活躍で、脳梗塞の後遺症で「歩く」という機能を忘れかけている人に、歩く記憶を筋肉と共に蘇らせたり、リハビリ自体が嫌なシニアにもまずはこのロボット風な外見で「好奇心」から刺激したり。 人に優しいテクノロジーっていいなぁ! British voice-over: Emi

0:00
0:00