Author:

ABC Song

子供向けの英語の歌といえば、これなしには始まりません。 一番人気のABCソングを、春のスタートダッシュにあわせてロックやヒップホップ、ダンスミュージックなど10パターンのバリエーションを作りました。きっと使いたいシーンにぴったりなスタイルが見つかることでしょう。 すべて2,500円(税抜)。ロイヤリティフリー素材として、アプリや動画のBGM、英語教室などで便利にお使いいただけます。 ABCソングの特設サイトへ!

傘寿記念 デヴィ・スカルノ展 わたくしが歩んだ80年

展覧会のご紹介: 1940年、港区・西麻布で生まれ育ったデヴィ・スカルノ夫人。幼少期は太平洋戦争の中を生きぬき、定時制高校に通いながら15歳にして家族を支えるため仕事に精を出した日々。そして19歳という若さでインドネシアのスカルノ大統領と出会い、幸せの絶頂の中訪れた母と弟との突然の別れ。そこには、現在テレビに映るデヴィ夫人の姿からは想像もできない壮絶な過去がありました。 2020年はデヴィ夫人が80歳を迎える記念すべき年。本展はデヴィ夫人激動の80年に焦点をあてた初の大規模な展覧会です。社交界で優雅に着こなしたファッション、デヴィ夫人の感性で蒐集されたオブジェや絵画の数々(デヴィ・コレクション)、さらに趣味の絵画約20点も一堂に展観。若くして自らの人生を切り開き、築き上げていったその屈強な魂はどこから生まれてきたのか。本展ではデヴィ夫人のその全ての魅力を解き明かします。 展示会場のエントランス付近で流れるインスタレーション映像のナレーションを担当しました。主演はもちろんデヴィ夫人ですから、もう1篇のモノクロ映画のようです。ナレーターはジョシュさん。まさに声と映像の化学反応を見るようでした。 展覧会に行ってきました。中高年の女性で混雑しており、その上一つ一つの展示品が素晴らしいので、なかなか動かないぐらいです。特に見ごたえがあるのは美術品です。棟方志功、藤田嗣治、伊東深水やカシニョールまで、美術展のようなコレクション!こんな芸術に囲まれた生活ってすごい!そして彼女の「私にとって生きるは生活するではない、毎日を生き抜いている」というメッセージに刺激も受けてきました。

オリンピック・パラリンピックがやってくる!すべての人が誰一人取り残されることなく尊重される都市・東京

映像の字幕翻訳を担当しました。日本語の字幕と併記される字幕翻訳は初めてでしたが、字幕の分量が偏ったりしないよう調整する作業が、なかなか難しいものでした。 翻訳の際に日本人の名前の表記について考えることが最近よくあります。現在日本人の名前をローマ字で表記する際、これまでの欧米式とは逆の、日本語表記と同じ 姓→名の順番にしていくという日本政府の方針が打ち出されています。英語圏の方、ただでさえ彼らには馴染みのない日本人の名前ですから、翻訳の際は、欧米式にしたいところですが、東京都のYouTubeチャンネルに登録されるものなので結局 姓→名の順番になりました。 姓→名の順の場合、姓をすべて大文字とする、姓と名の間にコンマを打つなどの記法が使われつつありますが、どれが定着するのかまだまだ試行錯誤、案件一つずつに対応していくのでしょうね。

Whack a Waka (百人一首の英語版)

英語版百人一首かるた 「WHACK A WAKA 百人イングリシュ」の歌詠み(英語ナレーター) この夏とても話題になった、日本好きな外国人へのおみやげにぴったりな百人一首かるたです、平安時代の雅な空気が鼻先で匂うような、カラフルなイラスト、手触りの良い箱の質感など、どこから見ても、小さな芸術の宝箱のようです! 翻訳を担当したピーター・マクミランさん自身による歌詠みと、当社がブッキングしたイギリス人女性ナレーターのリンさんの2タイプの声をお聴き頂けます。リンさんは歌手や自身も作詞家(しかも日本語も!)としても活躍しており、その特徴的な知的な響きのある上質な声で、詠み上げています。失恋の歌や、土地を離れる寂しさの歌には、スタジオでもぐっとくるものがありました。 ダウンロードして遊べます。 http://www.diablock.co.jp/whackawaka/ 1. 日本の歌心をあますところなく伝える英訳 百人一首の翻訳「One Hundred Poets, One Poem Each」を完成させたピーター・マクミランが、このカルタのために新たな英訳を制作しました。日本の歌心に精通した訳者の新訳により、元の歌がもっているリズムの美しさや世界観が伝わりやすくなっています。 2. 歌を知らない外国人にとっても遊びやすい 今回の英語版カルタでは、取り札と読み札に札にその歌の世界間を表現した絵を入れることによって、歌を暗記していない外国人にとっても遊びやすい工夫がされています。「絵合わせ」の要素をいれることで歌を暗記しなくても絵をヒントに札をとることができ、まったく日本の文化を知らない人でも歌の世界に親しむ事が出来ます。札に描いてある絵は画家の横井山泰氏の手によるものです。また、サイズをトランプサイズにすることで、より外国人にとって遊びやすく、親しみのあるデザインとなっています。 3. 日本人にもカルタの新しい楽しみ方を マクミランの英訳では、英訳を読むほうが日本語で読むより歌の内容を理解する事ができたという日本人の方の感想を多く頂いています。日本人にとっては、この英語カルタを通じて新たに百人一首の魅力を発見できます。また、英訳で使われている英語は、日本の中学、高校で習う英単語だけで読む事ができますので、学校での英語の学習教材として利用することも可能です。裏面には日本語の表記もありますので、日本語のカルタとして遊ぶ事も出来ます。

さざなみ

Akitoshi Aoyama Project が再始動! 2002年に記念すべきファースト・アルバム Amizade(アミザージ)をリリースして17年の歳月を経て、再びあの伝説のドラマー「ママ~オ」と青山秋利の師弟コンビが帰ってきました! 四国からブラジルの師匠の元へパーカッション修行に出かけ、初アルバムのお許しが出たのが2002年。Amizade(アミザージ)はブラジル語で「友情」を意味し、参加ミュージシャンも多彩でした。 今回は師匠のママ~オ(Ivan Conti Mamao / AZYMUTHアジムス)も70歳となり、お互いに歳を重ね、人生を達観したかのような日本語のタイトル「さざなみ」です。 なんて言いつつ、中身のサウンドはママ~オならではのビートは健在で、そしてかなりエッジが効いていて、エレクトリックな要素も満載なんです! 10月末にBlue Note Tokyoに来日したAZYMUTH。アジムスといえば、70年代に「フライ・オーヴァー・ザ・ホライズン」等のヒットを送り出したブラジリアン・フュージョンの伝説的存在でありながら、ライブ会場には若いオーディエンスで溢れ、満席、立ち見の大盛況でした。

住所移転のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 A&Kは15年近く親しんだ横浜を離れ、この度下記の住所に移転することとなりましたのでご案内申し上げます。 これを機に気持ちを新たに、さらに努力をいたす所存ですので、今後とも倍旧のご支援ご指導のほどお願い申し上げます。 ■移転先 新住所     〒108-0072 港区白金6-10-4 1F ■業務開始日   2019年11月5日 A&K has now moved! November 5, 2019 New address: Minato-ku, Shirokane 6-10-4 1F Zip: 108-0072 We look forward to seeing you there!

さよなら! Musicman Book

音楽業界の便利帳、 Musicmanはこれからはネットのみの展開となり、本の出版が今年で最後になるそうです。 手の中に収まるデザインと情報、本の厚み、紙の手触り、、、どんどん印刷物が消えていくのは 一抹の寂しさを感じます。 ちなみにA&Kはブッキングエージェントのページに掲載されています。 音楽業界のあらゆる情報が掲載されている ミュージックマンの総合サイトはこちら

AZYMUTH & MARCOS VALLE

ブラジリアン・フュージョンの至宝が、現代屈指の グルーヴ・マスターを迎えて贈るスペシャル・ライヴ ブラジル音楽の神格たちが、約15年ぶりに東京で出会う。「フライ・オーヴァー・ザ・ホライズン」等の定番を送り出したブラジリアン・レアグルーヴ~フュージョンの最高峰“アジムス”と、「サマー・サンバ」「バトゥカーダ」等の名曲を生んだメロディ・メイカー、マルコス・ヴァーリのコラボレーションだ。アジムスは‘73年の結成。初代キーボード奏者J.R.ベルトラミの他界後、キコ・コンティネンティーノが参加し、2016年のアルバム『フェニックス』で劇的な復活をとげた。そしてマルコスは先ほど、ディスコ/ブギー路線をアップデイトした9年ぶりの新作『センプリ』をリリースしたばかり。新たな最盛期を迎えたマエストロたちの再会に胸が高まる。 2019 10.25 fri., 10.26 sat., 10.27 sun. Blue Note Tokyo にて 詳しくはこちら >> ただいまA&Kではこの伝説のドラマー Ivan Conti ママ~オとその日本人弟子である青山秋利氏の共作アルバム「さざなみ」のリリース準備を進めています。2002年「Amizade」発売以来17年ぶり! ママ~オは70歳になりました。今年は矢沢永吉さんも70歳。70歳と仕事する機会がなぜか多いような気がします!

0:00
0:00