外国語版の映像制作は初めてで、 「英語版作りたいけれど、どうすればいいの?」 という担当者からの問い合わせが多いので、ここにまとめてみました。

■だれに見せるのか?

最近では、営業促進を目的した映像だけでなく、M&Aにより、新たに会社のメンバーになった海外支店のスタッフや、その雇用を目的とした、企業案内やブランド周知の映像が増えつつあります。

また、同じ商品や技術の紹介でも、業界内と一般対象では言葉の選択などのアプローチが異なります。対象を意識することで、よりダイレクトに映像が利用されることになるでしょう。

■ナレーションより字幕?

ナレーターを雇うより、字幕で対応する方がコストが節約できるのではないか、というのは錯覚です。コストは節約できるかもしれませんが、その映像を活かせるかどうかで言えば、ナレーションの方が伝わる力が強いです。日本語より外国語はテキストの量が多く、表示時間が短くなって、映像を見る時間が少なくなるからです。外国語は文字ではなくワードと複数の文字からひとつの単語となるので、改行する場所が難しく、作業も手間も、字幕の方が負担になるのです。

■単位はどうする?

売上規模何億円、時速何km、単位もケアする必要があります。その他、温度を表す摂氏、華氏はどちらがいいかリサーチする必要があります。同様に、江戸時代や東京ドーム何個分などの表現は、そのまま直訳しても伝わりません。例えば江戸時代なら西暦や世紀などの数字で直接表すのか、「昔の日本の商人が台頭してきた時代」のように、イメージが湧きやすい簡単な説明を付け加えるのか、お客さま自身の判断が必要です。(ご相談いただければ、もちろん一緒に考えます)

■オリジナルの台本を海外向けに見直す =ベストな選択

日本の企業が自社の紹介映像を作る時、定石として、ロケーションの説明から始まることがよくあります。工場や、本社の所在地は、水や自然に恵まれた、あるいは日本のどこに位置する県にあるのかなど。僅か3分程度の映像尺で、45秒も本社の所在地の説明をするのはもったいないです。ここは、海外向けのシナリオということで、日本語と同じ映像を使いつつも、会社の精神や、最近の活動状況の説明に費やす、あるいは映像も変えて、本筋である自社製品やサービスに重点を置いた配分にするのか、台本の見直しをおすすめします。

■日本語ならではの言葉

「漫画、うまみ、盆栽、かわいい、台風」といった、特別な日本語が海外でも知られるようになってきました。この流れで、企業映像の中に「ものづくり(Monozukuri)」 ,「改善(Kaizen)」や「匠(Takumi)」などがそのままアルファベット表記で用いられることが多くなってきました。業界に知られている言葉は問題ないですが、使用に際しては注意が必要です。以前日本の観光誘致の映像で「YOKOSO! JAPAN!」に関わった時、収録スタジオでも、その後のネット上でも「いい言葉のチョイス vs 外国人には伝わらない」の両意見が分かれました。未だに自分でも明快な答えが出ないでいます。

■日本語英語

「私たちはお客様をサポートしていきます」、映像のエンディングの締めの言葉として人気のあるフレーズですが、このサポートは本来助けを必要とする弱者に対して使われる言葉で、英語でそのままsupportを使うと、かなり上から目線になってしまいます。またカスタマー・サービス・センターはお客様のサービスをマネジメントするところではなく、コールセンターの意味になります。このような間違いの指摘が受けられるよう、なるべく柔軟な姿勢でシナリオ作りに取り組むといい結果につながると信じています。

■船頭多くして。。。

自社のサービスや製品の販促目的の映像を作る時、さまざまなセクションの担当や営業から「これは外せない」「これも入れて欲しい」と、たくさんのリクエストが入ります。断りきれずにすべてを受け入れた結果、内容がかぶっている、原稿が長すぎて尺に収まらなくて、かなり早口でナレーションが入る、、映像が長くて集中して見られない、という残念な結果になることもあります。各部署には与えられている「尺(秒数)」を明確にしながら作業を進めることをおすすめします。

■インタビューは時間に余裕を持って

インタビュー部分をネイティブの翻訳者用にわかりやすい文章にしようとすると、実は何を言っているのかよくわからないことがよくあります。 「やっぱり」「という風に思います」を連発する方は、短いインタビュー時間内でも2度トライしてもらえれば、うまくいくと思うのですが…。
関係ないですが、男性の方、インタビュー中は両手の小指だけを少し曲げると好感度が上がると映像ディレクターさんから聞いたことがあります。